SOSU誕生物語 第17話 PTAアンケート

こんばんは!

SOSU代表マイコです。

 

この投稿は、続きものです。

SOSU誕生の経緯を、時系列で綴っています。

 

はじめての方は、こちらからどうぞ。

 

PTAアンケート

アンケート結果まとめ

 

幼稚園跡地活用について、グイグイなにかに導かれるように、ずっと進んできました。

進んでいくうちに、いろんなことが分かり、はじめに思い描いたものとは、ずいぶんと変わってきました

 

あの場所を活用できた場合のアイデアは、たくさん持っていますが、今、結果的に、跡地への執着は、消えています。

 

それでも、あの場所が、地域にとって有効に活用されることを願っている気持ちに変わりはありません。

 

5月前半、しんどい中でも、収穫は出ていました。

 

総社市市議会議員主催の、小学校区の町づくり協議会に出席し、跡地活用の要望を発言しました。

 

幼稚園PTAの方へ向けたアンケートを作成しました。

 

幼稚園の跡地活用について、保護者への情報提供は、殆どありません。

 

SOSUというきっかけがなかったら、きっと何事もなく、更地化だったのは間違いないと思います。

 

自分の知りえた情報を記載し、市へ、皆さまの要望を伝えるチャンスなので、無記名で自由に、活用を希望するか、どんな場所にしたいか、を記載してもらうことに。

 

アンケート実施に当たり、園長先生から、市と事前協議が必要だと言われました。

 

浅尾分館で事前協議

 

PTA会長と私、園長先生。

そして、なんと、市からは、プレゼンの時にお世話になった、教育部長を含め、4名もお越し下さり、正直、少しびっくりしました。

 

幼稚園跡地活用について、地域の子育て環境について、率直な意見交換をしました。

 

市としては、アンケートはもちろん実施するのは構わないけれど、建物は使えないということを、事実として、もう一度きちんと説明し、確認しておきたかったこと。

そして、保護者の皆さんの要望を、ききたいとのこと。

 

市側も、あの場所が、不良財産になるのが一番良くない

 

地域の皆さんの意見を聞ける機会は、本当に貴重で、大事なことなので、アンケート結果を、よければ共有してほしいとのことでした。

 

私としても、ゴリゴリ、『SOSUありきでやらせてくれ!』っていうのではなくて、本当に、地域のみんなにとって、有効に活用されることが一番大切だと思っていることを伝えました。

 

園長先生も、幼稚園の環境を維持できるのか、不安を感じるとの率直な意見を下さいました。

蛇が出るし、大きな木は落ち葉もスゴイ。雨が降れば、ぬかるみもひどいとのこと。

環境として素晴らしいのは間違いないけれど、管理は大変だということを教えてくださいました。

 

PTA会長も、本当に動く可能性があるのか、何をいっても、所詮決まっていることで、無理なんじゃないか、と、率直な質問をぶつけていました。

 

どういう形になるか、約束はできないし、結果的に更地になるかもしれないけど、皆さんの意見をきいて、一番いい方向を探り、なにか活用するという方向に進むことは、十分に有り得ること、との回答。

終始和やかな雰囲気で進行し、とても丁寧に説明してくださいました。

 

アンケート結果

アンケート実施結果

 

アンケート結果は、88%の保護者が、何らかの施設としての活用を望んでいます。

今日、園長先生に、結果の取りまとめアンケート原本を渡しました。

市にも、結果の取りまとめと、原本を読んでほしいと、園長先生に要望して帰りました。

 

皆さまの、切実な訴えを、市の担当課の方に、直接読んでほしかったからです。

 

保護者の皆様は、本当に真剣に答えてくださっていて、たくさんの意見を書いてくださっていました。

 

きっかけさえあれば、みんな意見はたくさんある

本当を言えば、認定こども園の場所を決めるときにも、こういう機会があれば一番良かったと思います。

 

そもそも、こんなふうに、市民の意見を市に聞いてもらえるとは、私達世代はベースとして思ってないんじゃないかな…。

 

決まったことは決まったこと。結果だけ受け取り、それを受け入れるしかない。

それ以外の方法なんて、少なくとも、今までの私は、知りませんでした。

PTA会長の質問も、そんな思いから出たものだと思います。

 

こうして、私が、微力ながらもネット上に、虚偽のない、正確な情報をアップしていくことも、少しは意味があるのかな、と感じています。

 

総社市がどんなアクションを起こしてくださるかは未知数ですが、皆さまの声が、市に届けられたことが確かです。

これからどう動いていくのか、また、皆さまと検討して、いい結果が出るように、進めていこうと思います。

 

マイコ的まとめ

 

葛藤期間を経て、一皮むけたSOSU。

これから、SOSUがどんなふうに成長していくのか、ワクワクしながら、『楽しい!』を基準に、一歩一歩、進んでいこうと思います。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

関連記事

SOSU物語

ファミリーイベント『巨大アート』

Mの夢『ベッコウ飴の先生になりたい』実現しました!

SOSU的視点

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    平成30年3月SOSU立ち上げ。平成30年7月西日本豪雨発生を受け、ベネッセ子ども基金さま、福武教育文化財団さまより助成金をいただき、子育て世代を対象に各種イベントを開催。英語講座FUN!MUSIC!!講師 小学校教諭第一種・中学・高校外国語(英語)第一種免許 リトミック研修センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任 趣味;ブログ(マイコイズム shoubecchi.com ), ゴスペル、アカペラ