雲海に感激☆ファミリーキャンプ in 大芦高原キャンプ場

こんにちは、

SOSU代表の、マイコです。

 

平成30年8月25日、26日と、大芦高原キャンプ場にて、西日本豪雨被災地支援ファミリーキャンプを実施いたしました。

本当にたくさんの方々の、暖かいご協力とご支援をいただきましたことを、心より感謝いたします。

 

総社市・倉敷市真備より、7組のご家族さまを招待いたしました。

 

『毎年キャンプに行っていたけれど、一式全部流されてしまい、今年は諦めていました。』

『なかなか、夏休みの楽しい思い出を作ってあげられていないので、本当に親子で楽しみにしています!』

 

お申込みからのメールのやり取りで、こんなお声を頂いていました。

台風発生でハラハラしましたが、無事開催できて、本当に良かったです。

 

みんなで協力!テント設営☆

みんなで助け合って作業している様子 (右上)キャンプ場オーナーのコウタさん。

 

 

到着後、挨拶と日程の説明を済ませ、早速、テント設営

私自身、企画しておいて、実は、初キャンプ

キャンプ場の皆様、経験者の皆様に教わりながら、子どもたちも手伝い、みんなで一緒にテントを建てました。

 

これだけで、すでに楽しい☆

中に入りたくて仕方がない子どもたちw

 

大きなテントに感動☆

ワクワクしてきました。

 

お昼ご飯は、焼きそば☆

コウタさん特製焼きそば&まちきれなくて水遊びですでにびしょびしょの図。

 

お昼ご飯は、コウタさん、特製の焼きそばです。

テントはりを終え、皆さんお腹ペコペコ。

おかわりを何度もする子も。

 

※今回のキャンプでの、飲食代は、polcaにて、たくさんの皆様にあたたかいご支援いただき、提供させていただきました。ありがとうございました。

 

焼きそばができるまで、まちきれなくて水遊びをしまくり、すでにビショ濡れの子どもたち。

幸い、熱いので、服はすぐに乾きます。

 

日差しがかなり強かったので、熱中症が心配でした。

お茶をしっかり飲むようにお願いしました。

 

雲がある日だったので、時々太陽を隠してくれ、更に、風が吹いたときは、本当に気持ちが良かったです。

ただ、テントの中でも、暑かったですね…。

 

チェーンソー体験

やってみたい人、体験会☆なおさんも挑戦w

昼からは、爆音をあげながら丸太を切る、チェーンソー体験

レクチャー・実演後、やってみたい人が立候補でチャレンジ☆

 

かなり大きな音なので、怖かった子もいましたが、やってみたくてウズウズの子も!

重たくて、思ったより難しいチェーンソーの感触を楽しんでいました。

 

この切り取った丸太は、『木こりのろうそく』こと、『スウェディッシュトーチ』として活用。

切り込みの上に、小枝や枯れ葉をはさみ、火をつけると、切込みに沿って、ろうそくのように下に下に燃えていくというもの。

 

コウタさんが、実演して見せてくださいました。

そして、そのまま、焼きマシュマロ大会

 

焼きマシュマロ、大好評☆

 

焼きマシュマロ、人生で初めて食べました!

焦げたところと、中身のトロットロのに溶けたところが絶妙で、本当に美味しかったです☆

また食べたい!!

 

カブトムシ☆バナナトラップ☆

順番に木に塗っていきました。強い匂いにビックリ☆

 

子どもたちが、お申込み時から一番楽しみにしていたもの。

 

それは、

カブトムシトラップ。

 

希望者のみとしていましたが、全員参加で、近くの木に、バナナトラップを塗り込みに行きました。

 

バナナと、焼酎を発酵させたものを、タオルで木に塗り込んでいきました。

 

夕食づくりまでは、自由時間。

虫取り山探検。

近くの『雲海』という温泉施設、または、コウタさんお手製ドラム缶風呂でお風呂タイム。

 

ドラム缶風呂を仕込むコウタさんと、子犬のドンちゃんと遊ぶこどもたち。

 

カレー作り&BBQ&花火

子どもも大人も一緒にづくったカレー作り

 

カレー作り、いろいろあって、時間がかかってしまいました。

子どもはちょっと、グズグズしてしまいましたが、便利な調理器具ではなく、火起こしから調理すると、どんなふうなのか、体得できてよかったのではないかと思います。

キャンプ慣れしているお父様方が、率先してお手伝いくださり、とても助かりました。

皆様テキパキと、かっこよかったです☆

 

また、お鍋が煮えるのを待っている間、初めましての緊張感も薄れていき、皆様のお話を伺い、交流できたことも、いい時間だったなぁと思いました。

 

花火大会にBBQ&カレータイム

 

無事にご飯が炊きあがり、BBQ・カレー・アルコール&ソフトドリンク

豪華メニューで夕食スタート。

 

総社市の支援物資でいただいたという、大量の花火一箱分を、参加者の方がご持参くださいました☆

子どもたち大興奮☆

 

やってもやっても、なくならない花火

時間が遅くなったので区切りましたが、みんな思う存分できて、本当に楽しい時間でした。

 

みごたえのある、大きな花火でフィニッシュ。

 

子どもが花火に夢中になっている間、大人の参加者同士の交流も進んでいました。

同じ子育て世代だからこそ、共有できる話もあります。

 

今までのこと、今の状況のこと。

 

子どもたちの花火を見守りながら、こういった自然な会話や交流が生まれる場所づくりを、しっかりやっていきたいな、と思いました。

 

日が暮れてからは、長袖が必要なほど、一気に涼しくなり、寒いくらいの夜でした。

ほぼ満月の月明かり満点の星空

大自然の中、みんなでテントを並べて眠る、とても素晴らしい夜でした。

 

夜明けの雲海

夜明け前のキャンプ場(上)と、見事な雲海と日の出

 

翌朝、残念ながらカブトムシはきていませんでしたが、

見事な雲海が広がっていました。

 

近くの展望台まで移動。

 

展望台から見た、美しい景色は、一生忘れられない光景になりました。

 

気象状況によっては見られないときもあるようですが、大当たり』とのこと☆

大人がとくに、大喜び (*^_^*)

家族写真を撮影し、心が洗われるような朝日を浴び、感動しました。

 

おじいちゃんの夢『展望台』

この展望台は、スタッフの方のおじいちゃんが、ご自身の夢を実現された建物で、てっぺんにはおじいちゃんのお部屋が有り、眠れるそうです。

やわらかな、『夢』の文字が…。

素敵なお話が聞けて、嬉しかったです。

 

ホットサンド・フルーツポンチ・焼きおにぎり!!

朝食作り

 

夜を経て、すっかり仲良くなったみんな。

一緒に手伝いながら、仲良く朝食作り。

 

地元産巨大トマトの入った、お手製ホットサンドはとても美味しく、昨日のご飯の残りを活用した、お焦げ付き焼きおにぎりも、すごく美味しかったです。

子どもたちは、フルーツポンチに夢中でしたw

 

自由時間は、虫取りタイム。

テント撤収をする予定でしたが、あまりの暑さに影がなくなるのが怖くて、後に回すことに。

 

ちょっと、長かったかな…。

スケジュール管理は、なかなか難しいですね…。

 

そして、お昼ご飯は流しそうめん!!

超ロングな竹に、茹でたてそうめんを流す☆

 

コウタさんのホスピタイティにまたまた感激!!

 

もちろん、子どもたちは大喜び!

 

『一回とったら一回休み!』

『空中戦はなし!!』

 

とか、流しそうめんルールがどんどんできていって、みんな、本気で、かわいすぎでした!!

さくらんぼまで流れてくるから、もう大変www

 

流しそうめんの様子

 

さらに、スイカ割りまで!!!

スイカ割りの様子。

 

小さい子から順番に、全員やりました!!

目隠しをして、みんなで、

 

『右!右!!』

『左、下がって!、もっと後ろ!!』

 

とかいいながら、大盛り上がりでスイカ割り☆

 

大きい子は、3回、回ってからトライ☆

フラフラして危ないww

 

ワーキャー!!言いながら、

見事、パッカンと割ってくれました。

 

おいしいスイカでした…。

楽しかったプログラムも全て終了し、みんなで助け合ってテントを撤収し、クロージング

 

参加者のみなさんの声

大芦高原キャンプ

  • この度は、このような機会をくださり、ありがとうございました。この夏は、家族でどこかへ、ということができなくて、何か思い出を作りたいな、と思っていたところ、こちらの企画に出逢い、参加させていただきました。
  • たくさん、県内外からお手伝いへきてくださって、楽しいことを考えてくれて、本当にありがたく思います。
  • 同じ町内の方との話ができたことも、よかったかな、と思います。
  • こうしたチカラをバネに、負けずに頑張りたいと思います!
  • 普段経験できないことがたくさんでできて、とっても良かったです。
  • 親も、リフレッシュできました。
  • のんびりできて、良かったです。
  • 雲海での説明が、知らないことばかりでキレイだし、楽しめました。
  • 全体的なスケジュールがゆったりとしていて、無理なく進んで良かったです。
  • 普段はあまりお手伝いもさせないのに、自ら進んで料理・火起こしなどしている姿をみて、成長しているんだと感じました。

 

とても嬉しい感想を、アンケート用紙に、びっしりと書いてくださっていました。

 

私たちも、初めての試みで、どうなるのかドキドキ・ワクワクでしたが、皆様のあたたかなご協力のおかげで終始スムーズに進行し、本当にありがとうございました。

 

参加者同士の自己紹介など、楽しい改善点のアイデアもいただきました。

少しもたついたところがあり、皆様をお待たせする場面があり、申し訳ございませんでした。

今後の改善点として、取り組んでまいります。

 

この度は、ご参加くださり、本当にありがとうございました☆

 

Special Thanks…

 

ファミリーキャンプボランティアスタッフのみんな

  • コウタさん(大芦高原キャンプ場オーナー)
  • 水柿さん(チェーンソー実演・カレー作り、雲海説明など、トータルで支援してくださいました。)
  • ナナさん(看護師さん。手作りアロマキャンドルのプレゼント、二日間、食事作り、テント設営など、全て、お手伝いくださいました。)
  • 福尾さんご夫妻(古民家カフェいちょう庵より 食事作り等、お手伝いくださいました。)
  • 中山さん(東京から駆けつけ、当日スタッフをしてくださいました。)
  • ショウタロウさん(香川から駆けつけ、当日スタッフをしてくださいました。)
  • カメラマン:アルテオさん(後日フリーダウンロードできる、皆様の写真を撮影してくださいました。)
  • やぶなおくん&ゆりちぇるさん(食事作り、買い出し、polca支援呼びかけ、当日スタッフをしてくださいました。)
  • polcaにてご支援くださった、すべての皆様。
  • 張り紙・SNS等、情報提供にご協力くださった、すべての皆様。

 

素晴らしい企画と、皆様のサポートあっての、ファミリーキャンプでした。

本当にありがとうございました。

 

心より、感謝いたします。

これからも、よろしくお願いいたします。

 

また、今回、参加者女性に、キャンナスを経由し、ご支援いただいた、『化粧水&乳液&虫よけUVジェル&ヘアゴムセット』を贈呈いたしました。

桃谷順天館様よりご提供いただきました。

 

皆様、すぐに使える貴重なセットをとても喜んでくださり、あたたかなご支援に感謝いたします。

 

桃谷順天館より、ご提供いただきました。

本当に、ありがとうございます!!

 

次回イベント告知

平成30年9月5日(水)に、倉敷市の玉島交流センターにて、『住まいのこれから』について、数々の被災地で支援活動をされてきた、専門家の先生をお招きし、みんなで学び合う会を開催いたします。

サンサポ・オカヤマさまとの、共同企画です。

 

今回、私自身が支援活動をしていて思うことは、自分自身で知識や情報は、取りに行かないといけない

ということです。

 

そして、自分たちで声を挙げないと、状況はなかなか改善されません。

行政ばかりを頼っていてはいけないということです。

 

行政が悪いという意味ではなく、役割が、それぞれあるからです。

 

みんなで学び合い、課題をシェアすることで、自分で判断し、選択できるようになる。

そんな、きっかけとなる会となれば、という願いを込めて企画しています。

 

支援者の方のご参加も大歓迎ですので、ぜひ、足を運んでみてくださいね☆

 

【参加費:無料

SOSUで開催している西日本豪雨被災者子育て支援活動は、ベネッセ子ども基金さまのご協賛により、開催しております。あたたかいご支援に、心より感謝いたします。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    平成30年3月SOSU立ち上げ。平成30年7月西日本豪雨発生を受け、ベネッセ子ども基金さま、福武教育文化財団さまより助成金をいただき、子育て世代を対象に各種イベントを開催。英語講座FUN!MUSIC!!講師 小学校教諭第一種・中学・高校外国語(英語)第一種免許 リトミック研修センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任 趣味;ブログ(マイコイズム shoubecchi.com ), ゴスペル、アカペラ