西日本豪雨被災者支援『真夏の雪まつり』総勢53名で夏の思い出を作りました!

SOSU(素数)代表、マイコです。

平成30年8月5日(日)

西日本豪雨で被災した子どもたち、及びそのご家族:43名待し、

10名のスタッフとともに、

神石高原ティアガルテンで開催された、『真夏の雪まつり』に行ってきました!

 

『真夏の雪まつり』

雪とバーベキューで大喜びの子どもたち

 

この酷暑!!

熱中症に細心の注意を払いながら、短時間ながらも、充実したイベントとなりました。

 

雪の広場で遊ぶ子どもたち

 

やっぱりメインは『雪』です!

山道走行だったため、スタッフも子どもも、お母さんたちも、バスの中で相当グロッキーになったのですが、到着してをみたら、一気にテンションが上りました☆

 

説明をすませ、早速、自由時間スタート☆

 

雪だるまを触り、雪の滑り台で遊ぶ子どもたち。

その他にも、シャボン玉、動物広場、ヘリコプター、アスレチック

たくさんある遊びに、夢中で遊んでいました。

 

あっという間にお昼時間に。

お昼ご飯はBBQ☆

 

BBQの様子。

 

なんと、黒毛和牛豚肉新鮮なお野菜おにぎりお茶ジュースに、大充実のメニュー!!

ありがとうございます!!

 

家族は家族テーブルで、託児班は、先生と同じテーブルで。

みんなで協力しながらお肉を焼き、ワイワイ楽しく食べました。

 

『ずっと、冷たいご飯しかなかったら、嬉しい☆』

避難所で生活する女の子が教えてくれました。

 

『お腹いっぱいじゃ!もう遊びたい!』

早々に食べ終わって、いそいそし始める子ども。

『ちゃんと食べんと、アイスは食べれんな!』

お父さんからチクリ☆

 

モクモクと煙をあげながら、まだまだ食べる勢いの高学年の男の子たち

 

各テーブルを回って、皆さんのカメラで家族写真を撮って回りました。

新しい思い出の一枚になったかな…。

みなさん、美味しいものを食べながら、本当に素敵な笑顔でした☆

 

食べきれないほどお肉があり、『もったいないなぁ…。』と言いながら、みんなお腹いっぱいでギブアップ

美味しいお肉を食べて、本当に幸せな時間でした。

 

食べたらまた自由時間です。

 

虫取りに夢中になる子。

セミの抜け殻を見せてくれた子。

 

食べ終わった頃には、最初の緊張もすっかり解けていて、ありのままの姿を見せてくれました。

 

スタッフと遊ぶみんな

 

残り時間をまた自由に過ごし、いただいた無料ソフトクリーム券でソフトクリームを食べ、神石高原ティアガルテンを後にしました。

 

短い滞在時間でしたが、この暑さの中、お父さんお母さんも普段の片付けでお疲れかと思うので、ちょうどよかったかな、と思います。

 

バスの中はDVD上映。到着に合わせるように、ピッタリ終わってびっくりしました☆

ぐっすり眠っている子も…。 

 

短い間でしたが、すっかり仲良くなった子どもたちと、別れが辛かったスタッフたち。

最後は、バイバイタッチをして、お別れしました。

 

山道かつ、この暑さでバスの車内温度も高く、調子を崩した人もいました。

SOSUスタッフが、100枚ものタオルをしっかりと凍らせて持ってきてくれていました。

このタオルが大活躍!

愛情いっぱいの冷たいタオルの威力は絶大でした。

 

人生で初めての日帰りバス旅行企画。

グロッキーにはなっちゃたけど、一人のけが人を出すこともなく、無事に行ってかえることができて、本当に良かったなぁと、ホッとしました。

 

バスが真備に近づくに連れ、風景が変わっていきました。

このバスをおりたら、みんな、また、現実に向かい合う毎日に戻っていくんだな…。

そう思うと、なんだか、処理しきれない気持ちになりました。

 

『どこにも連れて行ってあげられなかったから、良かったです。』

『子どもたち、どんな様子でしたか?』

託児を担当したスタッフと盛り上がる皆様。

 

『家族全員、楽しめました。ありがとうございました。』

アンケートに書いてくださったお母さんの声。

 

開催できて、良かったな。

素直にそう思え、涙が出ました。

 

【SOSU】子育て支援プロジェクト

 

この一ヶ月間、経験したことのないことの連続で、本当にたくさんのことを学んでいます。

 

災害発生直後から、様々なボランティア活動をしてきました。

 

その活動の合間に、たくさんの子ども達の姿を見てきました。

 

避難所で遊び場に困る子どもたち

災害ゴミで溢れる路地で、粉塵が舞う中、網を持って川遊びをする子どもたち

同じ食事ばかりで、飽きてしまい、いつもお腹が空いている子どもたち

 

親戚の家に預けられ、お父さんやお母さんと離れて暮らす子どもたち。

片付けに行こうとすると、とうとう『今日はそばにいて。』と頼まれたという話。

 

色んな子どもたちの話を聞き、姿を見てきました。

 

私にも、6歳と4歳の娘がいます。

あの日、高梁川が決壊していたら、私もきっと、同じ状況でした。

すんでのところで被害はありませんでしたが、あの日を堺に、私の生活もガラリと変わりました。

 

子どもたちに、楽しい夏の思い出を。

思うように子どもと一緒に過ごせない、お父さん、お母さんにも、家族でホッとする時間を。

 

そんな願いを込めて活動する過程で、実現した企画でした。

 

『子どもたちに笑顔を』

その思い一つで、本当にたくさんの方のあたたかい協力が集まりました。

 

あたたかい支援の輪

国際協力NGO:Peace Winds Japanさま

左上から、安間さま、右、田邊さま、右下、竹中さま、左下、稲葉先生、真ん中、BBQスタッフの皆様

 

薗小学校の避難所会議で声をかけていただいた、ピースウインズ・ジャパン竹中さま

全くの無名な団体にもかかわらず、私を信頼して、企画を任せてくださいました。

竹中さまとの出会いがなかったら、この企画は実現しませんでした。

 

そして、安間さま

企画詳細を、一緒に考え、さまざまな相談に乗ってくださいました。

当日まで、本当に細やかなサポートをしてくださいました。

 

稲葉先生。

薗小学校の避難所の初期から、避難所の運営に携わり、被災者の診療を実施。現地のリーダー的存在でした。

『真夏の雪まつり』では、イベント全体の救護班として参加され、なんと、かき氷づくりまでされていました!何でもできる稲葉先生!お姿を発見しただけで、元気が出ました☆

 

神石高原ティアガルテンの皆様

マネージャーの田邊さまをはじめ、現地スタッフの皆様に暖かく迎えていただき、サポートしていただきました。ウッカリな私を、そっと、助けて下さいました。

本当に、一日、安心して、過ごすことができました。

 

貸切バス、保険加入、イベントの全て、BBQにソフトクリーム。

全て、Peace Winds Japanさまより、ご提供いただきました。

子どもたち、また、ご家族の皆様に、素敵な夏の思い出を届けてくださいました。

 

本当に、ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願い致します。

 

SOSUスタッフのみんな

SOSUスタッフのみんな。左から二番目:私。左、なおさん。左下、指示を出すあやちゃんに、右下、情熱のバスレクの様子☆

 

そして、SOSUスタッフの皆さま。

『子どもたちを笑顔に!』本当に純粋に、その想い一つで、10名ものスタッフが集まってくれました。

 

保育士小学校教諭学童指導員に、看護師さん、ファミリーサポートアドバイザーに、現役主婦

頼もしくて、心からの愛にあふれる皆様が集まってくれました。

 

情熱のバスレクに、感動し、グロッキーも治りましたw

きめ細やかなサポートに、頭が下がりました。

 

前日ギリギリまで、二人で準備に駆け回ってきた、SOSU副代表のなおさん

めまいを発症して残念ながらイベントは欠席。

 

『這ってでも、行きたかった…。』

旦那様に支えられて、お見送りにきてくれました。

 

なおさんがいなかったら、私はこんなに頑張れませんでした。

本当にありがとう☆

 

SOSU今後の活動

 

 

SOSUは、これから、子育て世代を対象に、長期的なサポートを実行していきます。

そのための準備も、イベントと並行して、ずっと進めてきました。

 

お盆明けから、皆様が、ホッと一息つけるような子育てサロン定期開催し、『この場所に行けば、この人に会える』そんな環境づくリに取り組んで行きます。

みなし仮設に入り、それぞれの生活が始まったあとも、情報交換できるような、そんな交流の場になっていけたらいいなぁと考えています。

 

皆様の暖かなサポートに恵まれ、楽しい、親子イベントの計画も、すでにたくさん立っています。

 

ボランティアを続ける過程で、本当に愛にあふれる、気持ちの良い方にたくさん出逢っています。

お金では絶対に変えない価値。

そして、仕事ではできないようなことが、できてしまう感動。

 

この一ヶ月間、被災地支援と日常生活を行き来し、なんとも言えない感情を抱えてきました。

『人はなんのために生きるんだろう…。』

そんなことも、よく考えています。

 

それと同時に、純粋な『愛』を、たくさん感じてきました。

 

ボランティアをしているかたには、すんなりと理解していただけるのではないかと思います。

 

『愛』なんて言葉、日常では恥ずかしいけれど、本当に、『愛』としか表現のしようがない、あの感じです。

 

大変な非常時が過ぎ、だんだんとまた、この感情も薄れ、日常に変わっていきます。

今の純粋な気持ちを失わないように、自分がリーチできる支援を、できる範囲で、地道にやってみようと思います。

 

参加してくださった皆様、ご協力くださった全ての方に心から感謝いたします。

本当に、ありがとうございました☆

 

これからも、SOSUへのあたたかいご支援を、よろしくお願いいたします☆

 

関連記事

真夏の雪まつりアンケートより、今、子育て世代が困っていること

PWJ 真夏の雪まつり開催について

PWJ FACEBOOK 真夏の雪まつり

真夏の雪まつり募集記事

薗幼稚園3連休託児を開催しました。

西日本豪雨発生から10日間

西日本豪雨活動記録②

個人ボランティアの役割

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    平成30年3月SOSU立ち上げ。平成30年7月西日本豪雨発生を受け、ベネッセ子ども基金さま、福武教育文化財団さまより助成金をいただき、子育て世代を対象に各種イベントを開催。英語講座FUN!MUSIC!!講師 小学校教諭第一種・中学・高校外国語(英語)第一種免許 リトミック研修センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任 趣味;ブログ(マイコイズム shoubecchi.com ), ゴスペル、アカペラ