『宮大工さんとお箸を作ろう!』素敵な箸ができました☆

SOSU代表、マイコです。

 

涼しくなりましたね!

体の細胞から、季節の移り変わりを喜んでいるような、気持ちのいい夜です。

 

平成30年8月19日(日)

西日本豪雨 子育て支援プロジェクト

SOSU 新拠点にて、 第一弾企画

『宮大工さんとお箸を作ろう!』を実施いたしました。

 

参加者は、6家族17名様。

子どもは、4歳から、高校3年生まで。

スタッフを合わせ、総勢23名で開催いたしました。

 

ひのきを使って箸作り

カンナで木を削っているところ。

 

講師は、新東住建工業㈱、番匠の芥川さま。

宮大工さんで、普段は、文化財の修復をされている、すごい大工さんです。

 

ご縁を頂き、3週間前に急遽お願いしたにもかかわらず、快諾してくださり、今回のイベントが実現しました。

 

大変な災害から1ヶ月以上過ぎ、新しい生活が始まり、次のニーズは生活雑貨だと思いました。

 

みんなで作ったもの、なおかつ、毎日、かならず使うもの。

イベント当日だけでなく、生活の中で、愛を放つような、そんな物を一緒に作ろうと考えました。

 

そんなSOSU番匠さんの願いが重なり、お箸づくりに決まりました。

 

木をこよなく愛する番匠さん

子どもが使いやすいように、と、材質を選び、ヒノキの素材をご用意くださいました。

 

簡単な説明の後、子どもたちもみんな、一人ひとり教えてもらって、カンナで木を削りヤスリで磨いていきました。

 

彫刻刀で模様付けをしたい人は、それぞれ思い思いの模様を彫っていきました。

 

最後に、柿渋えごま油を塗り込み、一週間から10日間ほど乾燥させれば完成です。

 

番匠さんは、実に簡単そうにやって見せてくれますが、実際にやると大変です☆

みんな一生懸命、木を削り、大変なヤスリがけも頑張っていました。

 

お父さんが大活躍するご家族。

二人できて、家族7人分のお箸を作ったご家族。

前に、たまたま番匠さんのところでお箸づくりをしていて、お気に入りの箸が流されてしまい、今回、もう一度作り直しにきてくださったご家族さま。

 

それぞれの気持ちのこもった、素敵な手作り箸が出来上がりました。

 

宮大工さんと槍ガンナ

槍ガンナレクチャーの様子

 

宮大工さんと、普通の大工さんって、どう違うの??

ということで、ミニ講義をしてくださいました。

 

宮大工さんは、神社仏閣等、文化財の修復作業に当たられています。

総社市内では、宝福寺も請け負っていらっしゃいます。

 

宮大工さんならではの道具ということで、槍ガンナというカンナを持参してくださり、実演と、体験タイムを設けてくださいました。

 

なめらかな削りカス。

 

子どもたちは欲しくて仕方がない!!

 

削っている最中から、子どもたち、『ちょうだい、ちょうだい。』コール!

大人たちの、『危ない!危ない!』コールw

 

さっきまでの削りカスと違い、長細い削りカスでした。

大人も子どもも、番匠さんと一緒に、槍カンナ削りました。

 

私もせっかくなので、やらせていただきました☆

番匠さんが削るときには、柔らかそうに見えた木が、めっちゃ硬くて難しかったです。

 

リラックスタイムは、なおさんカフェ

途中休憩は、お弁当とカフェタイム

 

SOSU副代表のなおさん。

細かい気配りにはいつも感激しています。

 

今回も、お弁当選びからこだわり、絶対に、美味しいものを用意したい!!

 

細かいところも決して手を抜かず、ほうぼう駆け回って、お弁当を注文してくれました。

 

コーヒーが大好きな、なおさん。

自宅からオシャレなカップ&ソーサーを用意。

 

コーヒー豆は、前日に新鮮なものを購入し、豆からひいたコーヒー豆菓子付きで提供。

更に、更に、ミルクを泡立て、カフェさながらの、ふわふわコーヒーの出来上がり☆

 

この、カフェタイムが大好評で、皆さんに、ホッと安らぐ時間を過ごしていただけていたように思います。

 

なおさんの愛がいっぱい詰まった、カフェタイムでした。

 

お箸づくりの間、前日にピース・ウインズジャパンさまから、頂いたばかりのジブリグッズのおもちゃや本で遊ぶ子どもたち。

ピース・ウインズジャパン様よりいただいた豪華ジブリグッズ

 

私も、ついつい子どもたちと一緒に遊びすぎて、弾いたボールが時計を直撃w

フックを壊してしまいましたwww

どっちが子どもか分からない始末...。

 

前日の晩、夜遅くまでせっせと貼った、壁のデコレーションシールが楽しかったので、子どもたちにも一緒に木を貼ってもらいました。

 

壁に葉っぱを貼っている様子。before after

 

SOSUも、この木のように、みんなで創っていく。

そんな場所でありたいと考えています。

この入り口の木は、そんな意味も込めて、貼りました。

 

素敵なお箸が出来上がり、『はじめまして。』だった皆様とも、段々と打ち解けることができました。

 

こんなふうに、足を運んでくださったこと。

つながりが持てたことに感謝です。

 

会で皆様にも、SOSUイベント主旨について説明したのですが、

誰もが経験したことのない事態で、何が正解かは、誰にもわかりません。

 

正解なんて、ないんだろうと思います。

 

SOSUは、行政組織ではないので、民間らしく、感性が合う方に、ささやかだけど、心に明るくあたたかな光りを灯すような、そんなイベントや居場所作りをしていきたい。

 

自分たちで考えうるベストを、みんなで相談しながら創っていく。

SOSUはいつも、そんな場所でありたいと考えています。

 

お客様じゃない。

今回、片付けや床拭きも、皆様にも協力していただきました。

 

肩を並べて、ともに学びながら歩む。

SOSUは、そういう立ち位置で、これからも活動をしていきます。

 

参加者の声

  • 今まで使っていたお気に入りのお箸がなくなってしまったので、家族のお箸をつくることのできる企画は、素晴らしいと思いました。素敵なティーカップでいただくお茶はとても美味しく、ゆったりとしたひとときを過ごすことができました。今日は、ありがとうございました。
  • ゆっくり箸を作れて、楽しかったです。
  • とても貴重な体験をさせていただきました。子どもたちも初めてカンナを使わせてもらって、いい経験ができ、食事の時間をとても楽しく過ごせると思います。おいしいお弁当とコーヒーまでいただけて、本当に感謝です。新しいお友達もでき、良い時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。
  • いろいろと用意・準備をしてくださり、ありがとうございました。
  • 大変楽しかったです。ありがとうございました。
  • いろいろと、すべて、ありがとうございました。少し落ち着いて生活できるようにはなりましたが、子どもたちは特に、ストレスを抱えている部分が多いと思います。何かを夢中ですることで発散できるのではないかな、と思います。お昼ご飯もいただけるのは、本当にありがたいです!!!!箸作り、楽しかったです。お弁当もコーヒーも、美味しかったです。ありがとうございました。

 

必要な支援の声

  • 災害後の短的な支援ではなく、細く長く支援があればありがたいです。今は夏物の洋服の支援があり明日が、長袖や冬物の支援とか...。
  • 子どもの精神面のケア、お母さんのマッサージ・エステ。
  • 夏休みの間だけでなく、継続していただけたら嬉しいです。
  • 元の小学校から転校することもあり、前の学校の友達と会える機会があれば、積極的に参加させてあげたいと思います。元気に走り回る、創作活動をするなど、なんでもありがたいです。

皆様のお声を聞いたところ、各種洗剤類がとても貴重で、支援物資コーナーでもすぐに無くなるとのことでした。

また、建物に対する不安も、口にされている方が大勢いらっしゃいました。

平成30年9月5日(水)に、倉敷市玉島にて、建物復旧アドバイザーや各専門の方をお招きし『住まいのこれから勉強会』も企画中です。詳細は別途告知予定。

 

次回イベント予告

次回イベントは、高梁市成羽町の大人気美容院:ヘアーサロン『rouge』さまをお招きし、西日本豪雨被災ご家族さま6組様限定で、無料ヘアカットサービスをしてくださいます。

 

もともと7月16日に、SOSU企画で『ヘアアレンジ講座』をしていただく予定でした。

この度の災害を受けて、延期していたこの企画。

支援活動を優先し、今回は、ヘアカットイベント快諾してくださいました。

 

支援活動をしていて本当に思うのですが、皆様とのご縁には、本当に感謝しかありません。

こちらのお申し出に、皆様、二つ返事ですぐに、ご協力してくださっています。

 

毎回、感動と感謝の気持ちでいっぱいです。

 

研究熱心な技術もさることながら、お人柄も本当にすばらしくもう何年も通っている美容師さんです。

素敵なプレゼントもご用意してくださっています。

 

もうすぐ始まる新学期

家族みんなでキレイになって迎えませんか??

 

今回、お箸作りご参加してくださった皆様からも、早速、ご予約を頂いています。

皆様のご参加を、お待ちしています。

 

【日時】

平成30年8月27日(月)

9時半から13時すぎまで

【場所】

総社市中央2-2-105 FLCB1階

【参加費】

無料 昼食付き

お申込み詳細リンク 作成中です。

しばらくお待ち下さい。

 

関連記事

残り一組さま!『家族キャンプ in 大芦高原キャンプ場』

『真夏の雪まつり』引率いたしました。

薗幼稚園で、3連休託児ボランティアを行いました。

避難所のトマト 支援者の想い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

平成30年3月SOSU立ち上げ。平成30年7月西日本豪雨発生を受け、ベネッセ子ども基金さま、福武教育文化財団さまより助成金をいただき、子育て世代を対象に各種イベントを開催。英語講座FUN!MUSIC!!講師 小学校教諭第一種・中学・高校外国語(英語)第一種免許 リトミック研修センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任 趣味;ブログ(マイコイズム shoubecchi.com ), ゴスペル、アカペラ