【大変≠不幸せ】命を守る家&第3の選択肢 

SOSU マイコです。

平成30年11月11日(日)真備町辻田の、ぶどうの家ブランチにて、『住まいについて考える!』を開催いたしました。

質問票を見て話し合う先生方。

 

この投稿内容は、続き物です。

イベントの詳細および、第1弾・第2弾レポートは、下記リンクをご参照ください。

 

最終レポートは、真備のこれからについて。

真備に住もう!と決めたばかりの皆さまから、活発な意見交換が行われました。

前向きで、素晴らしい、学びあいの時間でした。

 

災害と付き合いながら住む!

Embed from Getty Images

最初に、磯打先生から紹介があったのは、オーストラリアの、クイーンズランド方式の住宅について。

クイーンズランドは、浸水被害があることを前提に、住宅を建てていて、一階部分は、ガレージなど、水が通る前提の構造にしてあり、さらに、二階以上は、そのまま移動できるようになっているそうです!!

すごい!!

この紹介をきっかけに、ぶどうの家、津田さんから、今、構想されている、共同住宅のプランについてお話がありました。

 

みんなで住む! ぶどうの家:津田さんのプラン

右上、女性:津田さん、男性:武田さん

 

高齢世帯の皆様は、家を建てようにも、直そうにも、お金がない。

あと、何年住むかも、わからない。

かといって、これから、よその土地のアパート等に住むのは、新しい土地でコミュニケーションがうまく取れるか心配だし、寂しい。

 

そこで、今、共同住宅について、構想を練っています。

 

津田さんの提案
  • 一階部分はガレージや駐車場、また、集会所や店舗。

(※真備で一番、復活が速かったのが、塾とコンビニだったそうです。次に、飲食店。)

  • ライフラインで必要なものを二階以上にもってくる。
  • アパートのような、個人の住宅と、みんなが交流できる、共有スペースを作る。
  • さらに、近隣に住んでいる皆さまも、災害発生時には、一時避難所として受け入れ可能。

(※台風の時、遠くの避難所へ移動し、3時間ほどで、夜中に帰宅すのがすごく大変だったそうです。)

 

そんな、共同住宅が、真備の中にたくさんできて、そこを、巡回バスなどが回って、人も物も巡回し、交流が生まれる。

子育て中の若い人たちも、一人暮らしの若者も、安心して仕事に行って帰ってこれる

そんな、お互いさまな環境ができれば、若い人たちも、安心して真備に帰ってきてくれるのではないかと考えています。

 

このプランには、参加者のみなさまからも、こういうのがいい!と顔を輝かせて発言してくださる方もいらっしゃいました。

 

大変な時が、最も幸せな時。

赤いブレザーの男性:佐々木先生

何度も『愛』という言葉を繰り返しながら真剣に回答する佐々木先生。

 

このあと、建築士の佐々木先生からも助言がありました。

女性の方に、『人生で、どの時期が一番幸せでしたか?』と尋ねたら、大体、皆さま、『子育てをしていた時。』っておっしゃるんですね。

『一番大変だったときは?』と尋ねてもまた、『子育てをしていた時。』っておっしゃるんです。

 

津田さんのプランは、考えるまでも本当に大変だったし、これから実現していくのは、大変な苦労の道のりだと思います。

だけど、人の幸せは分からないもので、一番な大変な時が、一番幸せだということがあるんです。

【大変≠幸せ】ではないんですね。

愛をもって、お互い助け合う。

その時間は、後から振り返った時、やっぱり、幸せだったなぁって、なるのではないでしょうか。

新しい場所へ行って、苦労はしなかったけど、幸せではなかったというよりは、最終的に幸せと思える選択ができたらいいですね。

 

皆で一つを作って幸せに暮らしていく。

皆で住まうという形も、新築、リフォーム以外の、第3の選択肢ではないでしょうか。

 

それから、家については、壊れない家を目指すのではなく、命を守る家という視点で考えていただきたいと思います。

傾いても、ゆがんでも、命は助かったという家。

 

皆さま、どうしても、万が一の時のための備えばかりに目が行くのですが、手すりや階段、断熱性能などについて、よく考えてほしいですね。

転倒や、寒暖差によるヒートショックなど、日常災害のリスクのほうがよっぽど高いんですね。

日常災害が、1年に1万件もあるんです。

 

命の危険さえなければいい。そういう方法もあるんです。

お金をどこに使うのか、もう一度そういった視点で考えてみてくださいね。

 

これは、本当に、やらせとかではなく、「住まいについて考える!」が企画される前から決まっていて、たまたまなんですが、

イシダ工務店さんが、耐震シェルターという、家の中の寝室だけ耐震化するという方法があり、その実物の展示を、総社市中央2-8(総社市役所北:旧第一生命ビル)FLCB1階で、18日まで行っています。

18日には、今回お話してくださった、あさのクリニック 院長 の、浅野 直 先生の講演会もあります。

詳しくは、下記リンクをご参照ください。

「これからの生き方から、住まいを考える一週間」

耐震シェルター実物を見てきました。

耐震シェルター

耐震シェルター内部

 

ちなみに、イシダ工務店の石田さまには、SOSUは7月からずっと、いつも相談に乗っていただき、お世話になっています。

SOSUが今、こういった活動ができるのは、石田さんのおかげが大きいです。

災害発生直後から、ものすごい勢いで各種ボランティア活動や、ボランティア団体の支援を行っていらっしゃいます。

期間中は、ボランティア団体の相談にも応じていらっしゃいます。

本当に、素晴らしい方なので、ぜひ、この機会に会いに行ってみてくださいね!

 

マイコ的まとめ

『住まいについて、考える!』SOSUin真備

『住まいについて、考える!』SOSUin真備

 

以上、3部構成にわたって投稿してきました。

内容が濃すぎて、めちゃんこ、長くなってしまいましたw

 

蓋を開けてみるまで、果たして人が来てくれるのか、高齢世代の皆様と、明るくお話ができるのか…。

とにかく、やってみないとわからない、そんな、第1回目でした。

 

愛にあふれる講師陣の皆さま、そして、情熱あふれる、ぶどうの家の皆さま。

フランクフルトやコーヒーを提供してくださったボランティアの皆様。

そして、何より、ご参加してくださった皆さまのおかげで、とても前向きで、希望溢れる素晴らしい会となりました。

 

最後に、参加してくださった皆さまがアンケートに記載してくださった、今回のイベントの感想と、現在の課題必要な支援を紹介いたします。

たくさんの方の目に留まり、必要な支援が、多方面から実現していきますように☆

イベントの感想

  • 途中参加でしたが、川の様子など、よく分かりました。ありがとうございました。
  • 皆さまの話を聞いて、とてもよかった。
  • 大変参考になりました。ありがとうございました。
  • 共同で家を作る話に興味がある。

今、困っていること、将来的な課題

  • リフォーム中だが、床下の消毒が不完全ではないか、不安。
  • 住宅再建について経済面、同じ場所に再建して安全なのか…。
  • みなし仮設の部屋数が少なく、狭い間仕切りなので、大変。
  • 家をどうするのか、あと2年の定年後に、仕事をどうするのか。
  • また水が来ないか…。
  • 改築費用が、義援金では足りない。
  • これからの生活に必要なものを、どうしたらいいのか…。

こんな支援があったらいいな

  • 週何回か、無料バスなどがあれば、病院・買い物ができてうれしい。
  • 5次~10次以上、見舞金希望。
  • 同じ団地の方とお会いして、現在の状況をお互いに話したいことがあったので、今後もこういったイベントを続けてください。
  • 冬物の下着、調理器具
  • 運動ができる施設
  • 元と同じ生活ができるような支援。
  • 今は、何も思いつかない…。

 

次回告知

質問票を見て話し合う先生方。

 

次回は、12月2日(日)15時からスタートだそうです。津田さんの行動力には、圧巻です☆

場所は、同じく、真備町辻田197のぶどうの家ブランチ(BB)です。

 

横浜から、制度や復興まちづくりの専門家、『住まいのこれから勉強会』講師:横浜市立大学の石川先生もご参加くださる!と連絡がありました☆

私は、『おもちゃ遊び広場』という、SOSUの子育てイベントと被っていて、調整中です。

 

共同住宅について、具体的にお話を進めていくそうです。

 

ご興味のある方は、ぜひ、この機会を逃さず、ご参加くださいね!

 

前回と同じく、SOSUでの事前受付は致しません。

直接、現地へお越しください。

関連記事

質問票を見て話し合う先生方。

幸せが全部、真備にある レポ1

災害と付き合いながら生きる!レポ2

 

SOSU次回イベント

アートイベントSOSU

アクリル絵の具で遊ぼう

アクリル絵の具で創作アート

 

マイコ個人の予定

岡山ブログカレッジ第19回

岡山ブログカレッジHPより

災害と情報発信 講演(岡山ブログカレッジ)

4か月間の活動内容について、赤裸々に語ります。

この内容は、会場のみです。ブログ公開は致しません。

発生直後からの積極的な情報発信とその効果。

個人ボランティアだから、できたこと。

みんなで災害時の情報発信法について学びあいませんか?

重いテーマですが、深刻なのは苦手なので、明るく楽しくいきたいと思っています。

自己啓発やスピリチュアルが大好きなので、そういった内容も織り交ぜながら、皆さまに、たくさんのものを持ち帰っていただけるような、そんな内容を計画中です。

会場で、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

平成30年3月SOSU立ち上げ。平成30年7月西日本豪雨発生を受け、ベネッセ子ども基金さま、福武教育文化財団さまより助成金をいただき、子育て世代を対象に各種イベントを開催。英語講座FUN!MUSIC!!講師 小学校教諭第一種・中学・高校外国語(英語)第一種免許 リトミック研修センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任 趣味;ブログ(マイコイズム shoubecchi.com ), ゴスペル、アカペラ